2008年09月11日

学校裏サイトのリンク集

こんにちわ。あいしーMです。
9月9日付けでこんなニュースを発見。


「学校裏サイト」10万件のリンク集、教育関係者限定で公開(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/09/news096.html


全国webカウンセリング協議会(多湖輝会長)は、いわゆる「学校裏サイト」の
リンク集を、教育関係者限定で公開した。全国10万5178件の学校裏サイトを検索できる。
「ある特定の話題のみを扱う非公式の学校サイト」を「学校裏サイト」と定義。
小中高校を含むすべての学校機関を対象に、在校生や卒業生が、学校別・クラス別などでった掲示板やWebサイトを、独自の調査で集めた。調査は今後も続け、登録サイトは順次追加する。
閲覧は原則、教育関係者のみ。サイトから閲覧申請し、IDとパスワードが発行されれば閲覧できる。
裏サイトの通報は、専用フォームから誰でも可能。学校に代わり、問題のあるサイトの
削除依頼も行う。同協議会は、不登校やひきこもりの子どもや家族などをサポートする目的で設立。
ネット上でカウンセリングを行ったり、カウンセラー養成講座を運営している。
学校裏サイトのリンク集としては、サイブリッジが運営する「学校裏サイトチェッカー」がある。
裏サイトチェッカーは誰でもアクセスでき、収録サイトは9月9日現在3751件。



早速私も母校を検索しました。
無い・・・というか近隣の学校も全て無い!
田舎だからでしょうか・・・
一応安心はしましたが、何か複雑ですね。。。

賑わってるところを少し拝見。
授業の課題についてや、友人との連絡網、
その他色々なことで話が盛り上がっています。

中には人を中傷するような投稿も幾つか見られますが
概ね学生同士のコミュニティとして機能しているようです。

問題にすべきところは
このコミュニティが幾人か決まったメンバーのみで構成されていること。

陰口というのは昔からありましたが、
その多くは実際に言葉で交わされたものです。
今はWEB上にてテキストとして交わされます。

人の顔を見て交わさない分、
言葉は非常にドラスティックで
人の心をグサッと突き刺すような酷い言葉も目にします。
確かにこれは教育上あまり宜しくない・・・。


最近はサイトフィルタリング機能も充実してきましたので
PC環境では家庭、学校内でもある程度の通信制御は行えるのですが。
どうやら学校裏サイトは携帯からの閲覧・書き込みが多いようです。

閉鎖したコミュニティ環境からいえば
2ちゃんねる等よりも遥かに危険性が高いと思われますし。

今回のリンク集含め
行政の方でも何かしら施策をしないとマズイでしょうね。


http://www.wise-works.com
ラベル:学校裏サイト
posted by あいしーM at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

小学生がネットで宿題を調べる

こんにちわ。”あいしーM”です。

本日はこんなニュースを題材に。

--------------------------------------------------------------------

ネット利用の小学生、7割が「宿題ネットで調べる」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/10/news100.html

--------------------------------------------------------------------

なんと小学生の約67%がインターネットで
宿題の答えを調べているそうです。

まず驚きなのはインターネットの普及率。
そしてインターネットの利用年齢層ですね。

確かにインターネットは情報量も豊富ですし
調べ物には便利なツールかもしれません。
が、
インターネット情報には良い面もあれば悪い面もある。
勉学の為とはいえ、果たして善悪もしっかりと判別出来ない年代に
インターネットをフル活用させるのは如何なものか・・・

などと
ついつい考えてしまう私ですが、

仮に自分が小学生の頃、
自宅にインターネット環境が整備されていたとするならば・・・
間違いなく使います!
しかも勉学以外でも色々と!!(笑)

これも時代の流れなのでしょう。

ファミリーでのインターネット環境構築。
アクセスブロックなどのビジネスは拡大の兆しを見せています。

インターネットビジネスの発展はまだまだ続きそうですね。


http://www.wise-works.net

posted by あいしーM at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ブログスカウターですって

こんにちわ。”あいしーM”です。

本日は7月6日にサイバーバズさんより
リリースされた記事について。

------------------------------------------------------------------------------

自分のブログ・インフルエンス力(影響力)を計測・分析できるサービス
「BlogScouter(ブログスカウター)」開始

http://www.cyberbuzz.co.jp/news/2007/07/blogscouter.html

------------------------------------------------------------------------------

なんと。
ブログ世界における、自ブログの影響度を数値化するそうです。
これは面白いですね〜。

バズマーケティングに関連する話題では
必ずといって出てくる「インフルエンサー」という言葉。

このサービスは自ブログのインフルエンサー度を
チェック出来るというスグレモノです。


今やCGMからの情報発信は
マスメディアに匹敵するとまで言われていますし、
そのCGMの発信力を具体的に数値化できるとなれば・・・・
これは需要がありそうな予感がします。。。


是非ここにも付けてみては!?
とも思いましが。
出てきた数値が低すぎると
更新するモチベーションが維持出来ない恐れもあり〜。
もう少しICMが有名になったら付けさせてもらおうかなと・・・


しかし。
スカウターというネーミングがいいですね〜
ドラゴンボール世代にはたまりません(笑)


http://www.wise-works.net

posted by あいしーM at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

今朝のJR架線事故

こんにちわ。”あいしーM”です。

今朝はJR線架線事故によって
大規模な電車遅延が発生しました。

この事故に関して昼過ぎまでに
350件近くのブログ記事が投稿されており、

記事内容については
実際に今朝乗車していた人の感想、
テレビなどでニュースを観た人の感想
WEBでニュース記事を読んだ人の感想などです。

我々が軽く分析してみたところ、
上記投稿割合の比率はこんな感じです。

0622.JPG

意外と電車利用者の投稿が多いようです。
最近はモバイルにてブログ更新する人が多く、
中には実況中継さながらに車内様子などを説明記載している人もいます。

このような形でブログから情報発信される場合、
その情報の速報性、信憑性は、巨大メディアをも凌駕します。
ブログの利便性、または可能性について
改めて考えさせられますね・・・


http://www.wise-works.net
ラベル:ブログ メディア
posted by あいしーM at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

気になったニュースなどをひとつ

こんにちわ。”あいしーM”です。

本日は気になったニュース、
サービスについて述べたいと思います。

ニュース記事はこちら

Venture Now
「ユミルリンク、ブログ記事のクチコミ状況を調査するレポートサービス」
http://www.venturenow.jp/news/2007/06/06/1648_014658.html
http://www.kuchikomiru.jp

システムによるブログ分析サービスのようです。
調査対象ブログとして大手ブログがズラリと挙げられています。
分析はキーワードベースで行われるようです。

面白いのはブログポータル利用状況のレポート。
どこのブログポータル利用が多かったかを把握出来るそうです。
今までのシステム型サービスでは見られなかった項目ですね。

ただし。
このデータをどうやってビジネスに関連付けしていくのか?
というところが私的に見えてきませんでした。
色々活用手法はありそうな気はするのですが・・・・(私の勉強不足かも)


この手のサービス開始が発表されるたびに、
我々ICMとしてはドキドキワクワク、心がときめくのです。

同サービス業界で展開している我々としては、
競合他社が増えた!という考え方もあるのでしょうが。

現状のシステム分析レベルの限界点を知っている分、
同業界にあって同業界であらず!というのが、我々の考え方です。

ま、競合として争うのではなく、
共存することによって更なるリサーチ活動が展開出来るのかなと。

ということで。
分析システムの向上はこれからもガシガシ進んでいってほしいもの。

良いものがあれば、我々もそれを利用しますし、
ICMが強みとする深い分析などをミックスする事が出来れば、、
それこそ最高の分析レポートが作れると思いますので。


調査の現場って、大変なんですよね・・・(笑)


http://wwww.wise-works.net
posted by あいしーM at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

クリッピング=「金の浴槽が盗難」

こんにちわ。
"あいしーM"です。

業務上WEBニュースを見る機会が多い私達ですが、
本日、個人的に気になるニュースが1件見つかりました。

--------------------------------------------------------
千葉県鴨川市のホテル大浴場に設置していた
金の浴槽(1億2千万円相当)が盗まれた
--------------------------------------------------------

上記ニュースのWEBニュース掲載状況について
クリッピングを行ってみました。
結果は以下の通りです。

総掲載数=56件
内訳(ポータル系23、新聞社系30、TV系3)

■ポータル系について■
国内大手ほとんどに掲載されている感じです。
()の数字は転載されている記事数になります。

AOL ニュース
BIGLOBEニュース(2)
goo ニュース(3)
infossekニュース(5)
livedoorニュース(2)
MSN毎日インタラクティブ
nifttyニュース(3)
Yahoo!ニュース(3)
エキサイトニュース(2)
フレッシュアイニュース

■新聞社系について■

国内五大紙には全て掲載されています。
地方紙については以下の分布図を見てください。

0530.png

意外な事に千葉県サイトでの掲載が見られません。
また、検索エンジンにおいて徳島新聞社の記事が検出されやすくなっています。
(検索例=浴槽+盗難)



今回の徳島新聞社のように、
検索エンジンにおける検出の規則性については
なかなか読むことは難しいものです。

メジャーサイトへの掲載効果判断は容易ですが、
それ以外のサイトについても、得られる掲載効果は小さくありません。
1つのニュース記事も、
色々調べてみると面白いことが発見出来たりするんですよね。


弊社クリッピングに興味を抱かれた方は是非コチラへ★

http://www.wise-works.net
posted by あいしーM at 00:02| WEBニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。